トップページ 役員 お知らせ 支部 四日市工業高校

同窓会のあゆみ

西暦 和暦 出来事 世の中の動き
1922 大正11年 四日市市立商工補習学校発足 ワシントン軍縮会議 調印
1925 大正14年 四日市市立商工専修学校と改称 ラジオ放送始まる
1927 昭和 2年 初の卒業生13名(同窓会設立) 東京ー浅草間に地下鉄開通
1928 昭和 3年 交友会発足、代表 杉浦 良一氏 初の男子普通選挙実施
1930 昭和 5年 校旗寄贈 ロンドン軍縮会議 調印
1935 昭和10年 伊藤傳七翁私財を投じ、校地校舎施設一式を寄贈
四日市市立商工学校発足
鵜ノ森同窓会と称する
初の芥川、直木賞授賞式
1943 昭和18年 伊藤傳七翁の胸像調製 出陣学徒壮行会
1945 昭和20年 戦災により母校全焼
追分の元海軍寄宿舎で授業再開
原爆投下、ポツダム宣言受諾・敗戦
1946 昭和21年 同窓会再建準備委員会を開催
母校復興資金と運動場用地寄付活動開始
食糧メーデーに25万人参加
1947
昭和22年 焼け跡に校舎再建 日本国憲法施行
1948 昭和23年 学校再配置、四日市実業高等学校となる
同窓会の名称を鵜森クラブと改称
天才少女美空ひばりデビュー
1949
昭和24年 母校は四日市高等学校・浜田部と改称 湯川秀樹ノーベル賞受賞
1950 昭和25年
三重県四日市工業高等学校となる
同窓会寄付の5500坪運動場完成
鵜ノ森同窓会の名称復活
金閣寺、放火で全焼
1951 昭和26年 同窓会名簿作成 対日講和条約49か国調印
1955 昭和30年 三重県立四日市工業高等学校と改称
機関紙「鵜ノ森」第一号発行
広島で第一回原水禁世界大会
1956 昭和31年 矢野名誉会長の墓碑建立 経済白書「もはや戦後ではない」
1959 昭和34年 物故者慰霊祭開催 皇太子、正田美智子さんと結婚
1961 昭和36年 新本館建設、追加寄付金活動開始
平田四日市市長、母校移転を発表
全国一斉の学力テスト実施
1964 昭和39年 母校復興完成記念として絵画寄贈
同窓会名簿改訂
東京オリンピック開幕
1969 昭和44年 校舎問題で県知事に意見書提出 アポロ11号、月面着陸
1972 昭和47年 母校創立50周年記念式典
同窓会設立45周年記念総会
同窓会会員名簿 改訂
沖縄、祖国へ復帰
1978 昭和53年 同窓会設立50周年記念総会 成田国際空港が開港
1979 昭和54年 黒柳名誉会長逝去・同窓会告別式
母校の移転先、日永に決まる
東名、日本坂トンネル火災事故
1982 昭和57年 母校 日永新校舎に移転・開校
支部交流スポーツ大会開催
日航機、羽田沖に墜落
1983 昭和58年 母校新校舎竣工と創立60周年記念式典
伊藤傳七翁顕彰碑寄贈
母校沿革史碑寄贈
伊藤傳七翁記念館第一期工事完成
日本初の体外受精児が誕生
1984 昭和59年 伊藤傳七翁記念館の展示活動 グリコ森永脅迫事件
1986 昭和61年 同窓会会員名簿 改訂 東京で3億円強奪事件
1987 昭和62年 同窓会設立60周年記念行事
「六十ケ年のあゆみ」発刊
国鉄民営化・115年の歴史に幕
1988 昭和63年 新会長に川ア氏 青函トンネル、瀬戸大橋開通
1991 平成3年 母校創立70周年記念式典
母校甲子園初出場
母校四工祭(文化祭)への協賛展示開始
雲仙普賢岳で大火砕流
1994 平成6年 母校跡地モニュメント除幕式
杉浦名誉会長逝去・合同葬
関西空港が開港
1995 平成7年 同窓会会員名簿 改訂 阪神大震災
1996 平成8年 矢野奨励賞の制度化 薬害エイズ問題和解
1999 平成11年 新会長に宮ア氏、 東海村臨界事故
2002 平成14年 同窓会設立75周年記念式典
「設立75周年史」発刊
物故者慰霊祭開催
「工業技術(物づくり)支援制度」の新設
同窓会ホームページ開設
伊藤傳七翁記念館に母校沿革史パネル寄贈
W杯サッカー、日韓共同開催
2003 平成15年 会長逝去
新会長に西田氏
イラク戦争
2007 平成19年 新会長に日比氏
同窓会会員名簿 改訂
人間の皮膚細胞から万能細胞作成成功
2012  平成24年  同窓会85周年式典
鵜ノ森新聞特集号発行(50歳以上の会員に配布)
物故者慰霊祭開催
母校内、記念物の説明銘板設置、寄贈(8ヶ所)
支部結成促進(3支部結成)
ロンドンオリンピク開催
東京スカイツリー完成
 
2013 平成25年   新会長に西村氏